ごく普通の恋愛を、ごく普通の幸せを

愛人になりたい女性の気持ちは分かりません。単純に生理的に気持ち悪いとも思っています。愛人ということは、本妻という立場の人がいることも分かっているわけです。妻がいる男性と愛人関係を結ぶ…その男性を共有するということだと、私は解釈しています。やはり、理解できません。

 

一対一の人間関係でも煩わしいと思うことはしばしばあるのに、それが男女の関係で、しかも愛人という立場…面倒だと言わざるを得ません。本当に好きになったとしても、私だったら、そんな立場はお断りです。潔く身を引きます。男性が妻と別れてくれると言ったとしても、付き合わないと思います。

 

さらにもし、友人が妻のいる男性を好きになってしまった場合、何が何でも目を覚ませたいと考えています。そんなの止めた方がいいからです。全部が全部とはさすがに言いませんが、大半は幸せにならないからです。きっと幸せなのは男性だけでしょう。女性は幸せにはなりません。華やかな時間という物を無駄にしてしまうだけです。

 

若さゆえに、お金目当てで愛人になりたいなんて言う人がいたら、尚のこと私は止めるでしょう。女性の若さは一瞬なのです。その一瞬を無駄にしないでほしいのです。若さという華やかな時間を、そんな妻のいる男性に費やしてほしくはありません。女性は一人の男性にとことん愛されてこそ、キラキラと輝くのだと思うからです。ごく普通の恋愛を、ごく普通の幸せを、掴んでこそ「美しい女性」になれるのだと私は思います。