愛人になった時の女性の心理について

人を好きになった時、その気持ちを止めることができません。
そしてその気持ちのまま、付き合うことが多いです。
相手の人が、家庭があってもそのことを我慢することができなくなりますね。
女性が愛人として、奥さんのいる人を愛してしまった時、その心理について、まとめてみました。

 

・愛人として一生暮らす
愛人として、その人と時々付き合うことができたらそれでいいと思っている人もいます。
好きになった人が、たまたま奥さんがいる人だったと言う事がありますね。
その時、その気持ちに嘘を付くことができないのです。
そのため、自分が好きということに正直に生きようと感じます。
相手の人を傷つける事がないように、気をつけようとするのです。
その結果、一生その人の事を愛していこうと思う気持ちを持ちます。

 

・愛人でいることに辛くなり別れたいという気持ちがある
愛人でいる時、その人のことを好きという気持ちがありながら、これではいけないと思うこともあります。
その両方の気持ちの中で揺れ動いているのです。
そして、できれば別れることも考えている状態です。

 

・愛人でいる期間を割り切って決めている
愛人として、経済的に養ってもらっている場合がありますね。
そのときは、女性としては気持ちが半分揺れ動いている状態となっています。
愛人といっても、全く好きでない人と、そのようにお付き合いをすることができないと感じるからです。
または、期間を決めてこの期間だけ愛人という契約的なものを決めている場合もありますね。